好きな人とのメールが続かない人へ!相手が返信したくなるメール術

恋しちゃった……

高校生になれば彼氏や彼女ができるのも珍しくありません。
まだ片思い中の人も、相手のメルアドをゲットできたら、メールをしたいと思うようになります。

気になる人や大好きな相手とのメールのやり取りはとても楽しいものですが、メールの場合文字でのやり取りになるため、こちらの思いがうまく伝わらない事があります。

せっかく頑張ってメールしたのに、返事が来ないというのも悲しくなってしまいます。
こういう時に知っておくと便利なメールのコツを紹介します。

よくありがちなNGメール

せっかく相手とメールのやりとりができるようになったのに、相手を不快にさせてしまったら、最悪拒否されてしまうかもしれません。
やってはいけないNGを覚えておきましょう。

・毎回自慢話のメール
・相手が知らない人の話
・愚痴や友達の悪口
・ネガティブな内容

毎回こんな内容のメールが来たら、誰だって嫌な気持ちになってしまいます。
初心者によくありがちなミスですから、できるだけこういう内容は避けておきましょう。

もう一つ相手によく思われたい、自分を知ってほしいという気持ちが出すぎてしまうと、アピールしすぎたり、謙虚しすぎてしまったりする事があります。

最初は多少の謙虚さも必要ですが、いつになっても私なんかと必要以上に謙虚すると、ネガティブな人と思われる可能性がありますし、何事も度が過ぎると相手がウンザリしてしまいます。

自分を猛アピールするのも度が過ぎると、相手が引いてしまいます。
特に知り合ったばかりで相手の事をよく知らない間は、猛アピールしないように注意してください。
アピールは後からいくらでもできます。

効果的なメール

相手と長くメールのやりとりができるように、効果的なメールを考えてみましょう。
ポイントはたった3つです。

・自分の気持ちはシンプル且つストレートに伝える
・相手にもわかりやすい内容にする
・具体的な話を盛り込む

この3つのポイントを押さえておけば、相手に引かれる事も、不快な思いをさせてしまう事もありません。
恥ずかしいからと回りくどい言い方をしても、意味がわからないと相手がウンザリしてしまう可能性があります。

自分がよく知っている人でも、相手がその人を知らなければ話をされても理解出来ません。

なんとなくぼかした表現は時に効果的ですが、毎回は通用しません。
説明するなら具体的さも必要です。

例えば、今日○○さんの事を考えていて、降りる駅をひとつ間違えてしまった、というように相手のことを思っている事をアピールしつつ、うっかりしてしまったなど少しドジなところもアピールすると効果的です。

ところどころに顔文字を使うのも効果的ですが、使いすぎると逆にくどいメールになるので注意してください。

This entry was posted in 恋愛.