頭の回転を鍛える!脳を活性化するための習慣

効率を上げる

勉強をする時はなんとなく机に向かい、ダラダラとなりがちですが、頭が回転していないとどんなに長時間勉強してもほとんど記憶に残りません。

脳を活性化させ、頭の回転を早くする事で効率はあがります。
脳を活性化させる方法を紹介します。

今日の出来事を思い出す

脳を活性化させるという事は脳を使う事です。
寝る前に今日1日の出来事を順番に思い返してみましょう。

記憶を確認する事で、ミスを繰り返してしまう人にはミス予防にもつながります。
記憶をたどる時は声に出す事が大切です。

もしもミスをした時は、ミスをしないよう確認を徹底する事も声に出しておけば、記憶に残るので次に同じシチュエーションになった時、思い出してミスを防ぐ事ができます。
今日からでもすぐに実践できますので、毎日の習慣にしておきましょう。

質の良い睡眠と早起き

脳がしっかりと働くためには休息も必要です。
脳を休息させるのは睡眠です。

ただし睡眠の質が悪いと脳は十分に休息できませんから、質の良い睡眠が取れる環境作りも必要です。
これには規則正しい生活リズムを身に付ける事など、生活習慣の見直しと改善も欠かせません。

勉強をするのは夜よりも朝の方が効率は良くなります。
このためには朝少しでも早く起きる事が必要です。

早く起きればその分脳も早く活動開始出来るから、勉強効率にも影響してきます。

脳にも栄養が必要ですから、朝食はできるだけきちんと食べるようにします。
朝食を食べる習慣がない人は、朝食を食べる人よりも脳の活動が遅くなりますので、コーヒーだけで済ませず、トーストやバナナをプラスするだけでもかなり違ってきます。

適度な運動

激しいスポーツは脳を疲れさせますが、適度な運動は脳を活性化させるのに役立ちます。
ウォーキングのような軽い運動なら脳にも負担をかけませんし、運動をする事で血行が促進され、脳にも栄養を送り届けやすくなります。

ウォーキングのような有酸素運動は、脳に酸素を送る効率が高まるので活性化に役立ちます。
ウォーキングができない時は、体を伸ばすようなストレッチでもいいでしょう。

コミュニケーション

人とのコミュニケーションにも脳を使います。
この場合のコミュニケーションというのは、ネットでのやり取りではなく、直接人と対面して会話をする事です。

言葉を話す事で、相手に何を伝えようか考えながら話すため、脳を使います。
相手の話を聴く時も神経を集中させるので、これも脳に刺激を与え活性化に役立つのです。

話をするのは対面がおすすめですが、話を聞く事に集中したい時は、ラジオもおすすめです。
人の話を聞く時は想像力を働かせるので、これも脳の活性化に役立っています。

This entry was posted in 勉強.