資格を取って有利に働こう!持っているとお得になる資格

同じ仕事をしていても変わる

高校生の間にバイトをして社会勉強をしたり、将来に役立つスキルを身に付けたりするのは意味がある事です。
高校生にも取得できる資格はありますから、バイトに必要な資格や役立つ資格を取得しておけば、バイト代も多くもらえます。

バイトを通して身につけたスキルは、将来同じ仕事をする上でも役に立ちます。
持っておくと将来役に立つ資格を紹介します。

電気工事士

高校生のバイトにエアコン取り付けというバイトがあったら、持っておくとかなり役に立ちますし、バイト先でも使える新人として重宝されます。
就職にも有利ですし、バイトでも時給がアップするのでお得です。

エアコンの取り付ける場合は、電気工事士の資格が必要です。
こちらのサイトも詳しく説明されています。
>>http://www.santiagouniversityrooms.com/rntr/

資格が無い人にはエアコンの取り付けはできませんから、バイトがあっても助手だけです。
新しく建つビルやマンションなどでも、電気工事士の資格があればエアコンの取り付けができますし、それに伴う配線工事やコンセントの設置、アース施工など仕事の幅も増えます。

電気工事士は第一種と二種があります。
二種は600ボルト以下の工事まで対応できます。
一種は600ボルト以上、500キロワット未満の工事を請け負うことができます。

比較的規模が大きい工事現場やビルの建設現場での仕事もできます。
高校生の間は二種を取得しておけば、エアコン取り付け工事が増える夏休みは、かなりいいお小遣い稼ぎになるでしょう。

需要が高い

インターネットの普及に伴い、電気関係の工事は増えています。
電気工事士は配線やコンセントの設置という仕事ができますから、今後も需要は増えると言われています。

専門的な仕事という事もあり、資格を持っている人にしかできない仕事もありますので、工事現場からの依頼が多くなります。
ニーズが高いのもメリットですが、安定性があるのもメリットです。

資格を持っている事は大前提ですが、現場で仕事をこなすうちに自然と自身のスキルもアップしていきますし、良い仕事ができるようになればその分、実績を高く評価してもらえるから給料もアップしていきます。

電気工事士のような専門職は工事を請け負う事もできますから、独立して会社を立ち上げる事もできます。
今後も需要は増え続けると言われていますので、高校生の間に資格を取得しておけば、将来の可能性はさらに広がるでしょう。

とりあえずバイトから始めるにしても、資格があるとバイト代はかなり良くなります。
バイト代だけが目的という人は少ないかもしれませんが、専門職は資格手当が支給されますのでメリットは多いでしょう。

高校生でも資格を持っていると、資格手当がもらえます。
将来働く場合も有利ですから、興味がある人は資格だけでも取得しておくといいかもしれません。

This entry was posted in 進路.