音楽を使って集中力アップ!勉強の効率が上がる音楽の活用法

気が散りやすい人へ

勉強をする時はテレビを消し、音楽も聞かずに静かな環境中で行うのが一般的です。

もちろん静かな方が勉強にも集中できますが、勉強に集中出来る音楽を使う事で、効率がアップすると言われているのをご存知でしょうか。
どのように音楽を取り入れるのかを紹介します。

勉強に集中出来る音楽とは?

勉強中に音楽を聴いたら気が散ってしまい勉強どころではなくなると思っている人も多いはずです。
勉強効率を上げるための音楽は、クラッシックやヒーリングミュージックとジャンルが決まっています。

クラッシックやヒーリングミュージックを聴くと、脳からアルファ波が出て集中力が高まる事が確認されています。

好きな音楽を聴くと確かにやる気は出ますが、歌詞がある音楽は歌詞に釣られてしまうので集中力が低下します。
クラッシックやヒーリングミュージックは歌詞がない、インストゥルメンタルですから歌詞に邪魔される心配がありません。

集中力を持続させるには、テンポのいい曲がおすすめです。
さらに男性は旋律に幅がある曲を、女性はシンプルな旋律が合っていると言われています。

頭は使わず手を動かす

音楽を聴きながら勉強をする場合、頭を使う暗記は不向きとなります。
この場合は音楽を消した方が集中できます。

音楽を聴きながらする勉強は、手を動かす勉強法です。
書く事で覚えるという勉強法の場合、何度も同じ事を書いている間に、書く事に飽きてしまいがちです。
音楽が加わるだけで、集中力が高まっているので、書く事を苦痛に感じにくくなるのです。

音楽を聴く時はヘッドフォンで聞くと、周囲の音が遮断され音楽に集中出来るから集中力を高めやすくなります。
後は目から入る情報に集中すればOKです。

歌を歌う・楽器を演奏する

音楽を聴きながらの勉強は意外と集中力が高まりますが、それでも人の集中力には限界があります。
ある程度続けたら小休憩を挟むのもおすすめです。

この時、歌を歌ったり、演奏が出来るなら好きな楽器を演奏したりして気分転換をします。
気持ちを切り替えやすいから、短時間でも良い気分転換になり、また勉強しようというやる気が出やすくなります。

勉強の途中で辛いと感じる時は、思い切って手を止め音楽に集中してみるのもおすすめです。

This entry was posted in 勉強.